スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

60 肘関節

反射区の位置

両足の外側にあり、中央部の骨の突起の部分です。



もみ方

もむ時使う所 親指の腹

足の反対側を他の4指で支える

もむ手 左足は左手、右足は右手
足の反対側を他の4指で支える
10、63、60は連続で行う

支え手 足先を支える

60_1.jpg

器官のしくみ働き

上腕骨と前腕の榛骨(とうこつ)および尺骨(しゃっこつ)のお互いの間の3つの関節が、共通の関節包につつまれている、「複関節」と呼ばれるものです。 肘関節は、人間らしい手の動きを可能にする部位として、日常生活に重要な役割を果たしています。

適応症状

テニス肘
バックハンドテニス肘(上腕骨外上顆炎)⇒肘の外側が痛むことが多い。手首や指を伸ばす筋(伸筋)は肘の外側についていて、バックハンドを繰り返し打つとその部分に炎症や断裂を生じやすく、80%以上はバックハンド痛です。

原因:リストの使いすぎ、体の回転をあまり利用しない腕主体のストローク。いわゆる手打ち。インパクトの衝撃が大きいラケット、肘から手首(前腕)まで前後の筋力が弱い、重いラケットを使用した場合など。フォアハンドのテイクバック時にもいためる可能性があります。

フォアハンドテニス肘(上腕骨内上顆炎)⇒内側が痛む場合はサーブやスマッシュの繰り返しで起きます。内側の障害のメカニズムは野球の投球動作と同じで、強力なサービスは、投手のオーバーハンドスローの加速期(テイクバックからボールをリリースずるまで)におこる障害と同じように肘め内側に過剰に引っ張る力がかかるために起こります。

原因:リスト主体のトップスピンを多用した場合や、ガットの張りの強いラケットを使用しているプレイヤーに起こりやすいようです。

スポンサーサイト
おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。