スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

1 大脳

反射区の位置

両足の第一趾の裏面、ふくらみの部分全体にあります。大脳の右半球は左足にあり、左半球の反射区は右足にあります。



もみ方

もむ時使う所 人差し指第2関節

もむ手 左足は右手、右足は左手

支えの手 親指の甲側を支えサンドイッチ状に力を加える

01_1.jpg


器官のしくみ働き

左右二つの半球に分けられており、厚さ2~5mmの薄さの皮質が内部の髄質を覆っています。皮質の外側を硬膜、クモ膜、軟膜の薄い3枚の膜が包んでいます。

皮質は神経細胞の集まりで、うねうねとした凸凹があり、髄質は神経細胞から出る神経線維のあつまりです。

大脳皮質は、新皮質と古皮質・旧皮質に分けられます。新皮質は高度な知能活動を営みます。古皮質・旧皮質は、髄質の中に包み込まれた大脳核とともに「大脳辺縁系」といって、本能的活動、情動、記憶などの中枢となっています。

重さは成人男性で約1350g、女性で1250g。

適応症状

頭蓋内出血
硬膜下出血:硬膜とクモ膜との間に起こる出血。頭部に怪我をした時やアルコールを飲む人に多い。

クモ膜下出血:クモ膜の下にある脳の外表を走る血管が破れて出血する。脳動脈瘤破裂、脳動静脈の奇形、出血を起こしやすい全身的な病気などが原因。

脳梗塞
脳の血管が詰まったり、狭くなったりして血管が流れにくくなるなど、脳の血管障害が原因となって、その血管の流域にある脳の組織(脳実質)が崩壊、壊死にいたる状態。

原因:
①脳血栓症(脳の血管に血栓ができる)
②脳塞栓症(体のどこかにできた血栓がはがれて流れてきて、脳の血管に請まる)
③何か体の病気で、脳に流れる血液の量や血液中の酸素量が減り、それが原因で脳梗塞が起こる。

脳腫瘍
発生頻度の高い順に
①神経膠腫(脳実質、脊髄実質に発生)
②髄膜腫(脳、脊髄の髄膜に発生)
③下垂体腺腫(下垂体の前葉に発生)
④神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)(聴神経に発生)
など

その他の症状
脳血管性痴呆、アルツハイマー症など。

おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。