スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

反射区ケアの手順

反射区ケアは、排泄器官(基本ゾーン)から始め排泄器官で終るという原則を守れば、あとはどこから揉んでもかまいませんが、覚えやすく、もみ残しが無いようにという目的で、次のような順序が決められています。

1.排泄器官→2.足裏→3.足の内側→4.足の外側→5.足の甲→6.排泄器官

反射区ケアの手順


※画面左側にあるメニューは反射区番号がばらばらですが、以上の手順で並んでいます。上から順に参考にしてください。
メニューの読み方


反射区番号通りではなく、もみ残しをなくすためにはこの手順で進んでいくのが理想的です。ただし、どこから揉んでも問題はありません。

20腹腔神経叢 → 22腎臓 → 23輸尿管 → 24膀胱 → 51尿道 → 2前頭洞 → 6鼻 → 5三叉神経 → 3小脳・脳幹 → 7頸部 → 1大脳 → 4脳下垂体 → 8目 → 9耳 → 11僧帽筋 → 14肺と気管支 → 12甲状腺 → 13副甲状腺 → 21副腎 → 33心臓 → 34脾臓 → 19胆嚢 → 15胃 → 17膵臓 → 16十二指腸 → 29横行結腸 → 30下行結腸 → 31直腸 → 32肛門 → 25小腸 → 18肝臓 → 28上行結腸 → 26盲腸 → 27回盲弁 → 53頸椎 → 54胸椎 → 55腰椎 → 56仙骨 → 57内尾骨 → 50子宮・前立腺 → 38股関節内側・外 → 52直腸三肛門 → 10肩 → 63上腕 → 60肘関節 → 35膝 → 58外尾骨 → 36生殖腺 → 37下腹部 → 62坐骨神経 → 47上顎 → 46下顎 → 45扁桃腺 → 41胸部のリンパ腺 → 48のど・気管 → 43胸部 → 42三半規管 → 59肩甲骨 → 44横隔膜 → 61肋骨 → 39上半身のリンパ → 40下半身のリンパ → 64痰を切る → 49鼠径部


※詳しい反射区の場所については反射区図表をご覧下さい。
反射区図表
おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。