スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

12甲状腺

反射区の位置

両足裏の第一趾と第二趾の間を下へ下り、拇趾球(ぼしきゅう、親指の付け根の膨らんだところ)の下側で足の内側ヘカーブし、かぎ型をした帯状の反射区です。



もみ方

もむ時使う所 人差し指第2関節

もむ手 左足は右手、右足は左手

支えの手 足の甲側を支え、サンドイッチ状に力を加える

12_1.jpg


器官のしくみ働き

喉仏の下に蝶のような形をした器官があり、この血管の豊富な内分泌器官が甲状腺です。体全体の新陳代謝を支配する重要なホルモンを分泌して、体温調節、基礎代謝の促進などをおこないます。

適応症状

バセドウ病
症状:若い女性に多く、甲状腺が腫れ(全体的に大きくなります)、食欲があり、食べても食べても痩せていきます。動悸、手足のふるえ、汗をかきやすい、イライラする、怒りっぽい、集中できない、目つきが鋭くなった、目が出たなどの症状が出てきます。

男の人では腰が抜けたように足がグニャグニャになり、力が入らず立てなくなることがあります。

原因:不明。

治療:薬物療法、放射線ヨード療法、手術の3通りがあります。

慢性甲状腺炎(橋本病)
この病気の患者は血液の中に甲状腺のタンパクに対する抗体を持っています。これを、白己免疫病といいます。慢性甲状腺炎はこの自己免疫病の代表的なものです。

症状:
①びまん性甲状腺腫(甲状腺が腫れること)
②甲状腺機能低下症(甲状腺の働き不足)。症状はバセドウ病と正反対で、体重が増え、脈がゆっくりになり、寒がりで肌がガサガサになり、髪は抜けやすく、動きが鈍くなります。
③無痛性甲状腺炎(甲状腺ホルモンが一時的に高くなったり低くなったりする)
④急性増悪(甲状腺が痛くなる)など

治療:症状によって治療法が違います。

おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。