スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

33心臓

反射区の位置

左足裏の第四趾と第五趾の間をまっすぐにおりて、土踏まずになったところ。上半分は14肺と気管支の反射区の奥に重なっています。



もみ方

もむ時使う所 人差し指第2関節

もむ手 左足は右手
1点押しで、反射区に入ったら少し押し上げる

支えの手 足の甲側を支え、サンドイッチ状に力を加える

33_1.jpg


器官のしくみ働き

体中に血液を送り出すポンプである心臓は、本来非常に頑丈で、栄養と酸素さえ補給すれば、いつまでも働き続ける頼もしい臓器です。

心臓は縦の隔壁で右と左に分かれ、さらに上下に分かれ、4つの部屋を作っています。左側のポンプは大動脈に通じ、酸素を体に送り込み酸素供給の終わった血液は、右側のポンプに戻って、肺へと送られます。

心臓は、胸郭内のほぼ中央、やや左よりにあり、左右は肺に接しています。大きさは普通、こぶしよりやや大きく、成人で約250~350gです。

適応症状

狭心症
冠状動脈の虚血が一過性の場合、血流が回復すれば心筋の障害は元に戻ります。胸痛ないし、胸部の圧迫感をともないます。

心筋梗塞
虚血が持続し、心筋の代謝障害が元に戻らなくなって壊死におちいると、心筋梗塞の発症となります。心臓の動きは著しく障害され、発症時に患者の4分の1は死亡します。

急性心不全(ショック)
大量出血などによる循環血液量の減少や、抹消血管の拡張によって心臓に戻る血液が減少するなどの原因で、急激に心拍出量が減少して血圧の著しい降下をみる状態です。

症状:顔面蒼白、冷や汗、頻脈などで、意識消失をともなうこともあります。生命にかかわります。

うっ血性心不金
高血圧や心臓弁膜症などによって心臓に限界を超える負荷が持続して加わると、心筋の収精は著しく低下し、心拍数が減少ずるとともに、血液が抹消に滞り心臓へ戻る血液量が少なくなります。動脈の怒張、下肢のむくみ、肝臓が腫れる、運動や作業時の息切れや動悸、疲れやすさなどがあります。

心筋症
肥大性心筋症:心筋細胞の肥大、細胞の配列の乱れ、という特有の変化。自覚症状に乏しいが、肥大によって左心室の出口に狭さくが生じると、運動時の息切れ、失神、突然死の恐れもあります。

鉱張性心筋症:心筋の収縮力が著しく低下し、左心室は拡張しうっ血性心不全となる。息切れ、動悸などの症状とともに、心拡張、肝腫大、むくみなどの、心不全と同じような症状。原因は不明。

その他の症状
心臓弁膜症など

おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。