スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

29 横行結腸(おうこうけっちょう)

反射区の位置

両足裏にあり、足裏全体の1/2のところ、外側中央部の骨の突起(60肘関節の位置)の高さの帯状の部分です。



もみ方

もむ時使う所 人差し指第2関節、中指第2関節

もむ手 左足は右手
29、30、31、32、25を連続で行う
右足は左手
25、26、27、28、29を連続で行う

支えの手 足の甲側を支え、サンドイッチ状に力を加える

29_1.jpg


器官のしくみ働き

大腸は、盲腸、結腸、直腸に大別されます。結腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸からなります。

長さは大腸全体で1.5m。太さは小腸の2~3倍(小腸の直径は500円玉くらい)。大腸の働きは、小腸から送られてきたどろどろの内容物が、約1/4の容量になるまで水分を吸収し、ナトリウム、塩類を調節的に吸収し、カリウムを排泄することです。

下痢の原因を考える

症状:急激におこり、腹痛、発熱を伴う。
原因:大腸感染による腸炎、漬瘍性大腸炎の電撃型など。

症状:水のような便(水様便)、吐き気や腹痛。
原因:急性胃炎、腸炎など。

症状:粘液や血液が混じった粘液便で、下痢と便秘を繰り返ず、下腹部通がある。
原因:潰瘍性大腸炎、大腸癌など。

症状:便意が頻繁にあり、下痢を繰り返す。腹痛を繰り返ず。
原因:過敏性腸症候群(下痢型)など。

症状:若年者に多く、慢性的、中等度の発熱、腹痛、体重減少がある。
原因:クローン病(注参照)など。

症状:脂肪便、体重減少、むくみ、貧血、皮下出血がある。
原因:吸収不良症侯群など。

症状:水溶性下痢で始まり、そのうち血性の下痢になる。
原因:細菌性赤痢、アメーバ赤痢、腸管出血大腸菌などによる下痢。

症状:無臭性の米のとぎ汁状の便、大量の下痢による急速な脱水症状(低血圧、頻脈、皮膚の乾燥など)。
原因:コレラなど。

クローン病:原因不明の炎症性腸疾患。具体的な症状は下痢、腹痛、肛門部病変、下血、狭窄、膿瘍、発熟。現段階では根治できない。

おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。