スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

10 肩

反射区の位置

両足の外側第五趾の付け根部分の丸い骨の突起です。



もみ方

もむ時使う所 親指の腹

もむ手 左足は左手、右足は右手
足の反対側を他の4指で支える

支え手 足先を支える

10_2.jpg


器官のしくみ働き


ほぼ完全な球形をした、上腕骨の大きな骨頭と、それがはまり込む肩甲骨の外側にある比較的小さくて浅い関節窩(かんせつか)により構成される「球関節」です。肩関節の外面には、関節の運動に関係する筋肉があり、関節包を補強しています。反射区は、関節そのものだけでなく周辺の筋肉群や靭帯にも対応しています。

適応症状

野球肩
原因:使いすぎにより肩の関節の組織に炎症、小さな傷、磨耗が生じておきます。

症状:筋、腔、臆板(肩の回旋運動をおこなう棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の集まり)などの障害によるもの二腱板損傷(断裂など)では「肩が抜けた」「肩が壊れた」などと訴え、しばしば腕が上がらなくなります。

予防法:大胸筋、上腕二頭筋、前腕の屈筋群のストレッチやマッサージ。投球後のアイシング。

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
中年以降に発症します。肩の痛みと運動制限を主とするもので、退行変性(加齢による筋力の低下と衰え)を基盤とします。痛みは肩部に発生しますが腕の方まで痛むこともあります。主として鈍痛。痛みは夜間や冷えたときなどに痛むことが多く、動きとしては髪をとくときや電車のつり革を持つとき、手を後ろに回すときなどに痛むことが多いようです。四十肩とは40代の人がこの症状になったときの呼び方で、五十肩は50代の人がこの症状になったときの呼び方ですので、症状は同じです。

おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。