スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

23 輸尿管

反射区の位置

両足裏の腎臓の反射区から足の内側にあるくるぶし下のふくらみ(膀胱の反射区)まで、斜めのラインにあります。筋肉と筋肉の谷間になっています。



もみ方

もむ時使う所 人差し指第2関節

もむ手 左足は右手、右足は左手

支えの手 甲側を支え、サンドイッチ状に力を加える

23_1.jpg

器官のしくみ働き

上端が腎臓に、下端が膀胱につながる尿の通り道です。腎臓で作られた尿は、ここを通って膀胱に運ばれます。

輸尿管は筋肉でできた管で、長さが約30cm、直径は4~5mm程度で、2本通っています。


適応症状

尿路結石
原因:結石の発生そのものの原因は不明ですが、考えられているものとしては
①尿路通過障害により尿の停滞が起こる
②尿路感染症
③内分泌・代謝異常
④長期の寝たきり状態によるカルシウム代謝異常
⑤食事・薬剤
などが考えられます。

主な症状:腎孟(じんう)結石が腎孟尿管移行部につまると、側背部に痛みが出て、発熱・血尿をきたし、しばしば腎孟腎炎を合併しまず。尿管結石は多くの場合腎孟結石が落下したもので、発作的に繰り返す激しい痛みと血尿が主な症状です。

さらに膀胱に落下すると膀胱結石となり、膀胱尿道に異常がなければ無症状で排泄されますが、前立腺肥大症などがあると、膀胱にとどまり大きくなります。

この場合は膀胱痛、頻尿・血尿などが見られます。尿道が狭くなっている「狭さく」があると排石されず、尿道結石となります。この場合は尿閉(尿が出ない)ということになります。

その他の症状
尿管炎、尿管狭さく

おすすめ商品


お肌が若返る!




アミノコラーゲンF 200g
質の良いフィッシュコラーゲンのみを厳選して使用しています。味、溶け、品質。飲んだ人がけがわかる質の違いを実感してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。